産業NURSEとは一般企業ではたらくNURSEをいいます。看護師と聴けば病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設置している企業もあって、そういう場所に勤務する人もいます。
仕事の内容や役目ははたらく会社によって異なりますが、従業員の健康維持と健康管理は基本的な仕事でしょう。他の仕事と違い、ナースが職場で勤務する時間というのは、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。シフトの具合によっては仕方がないとしても、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、園児や小学徒などの母親をしながらであってもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。
小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、ともあれはたらき続けていられるということは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語に「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。
何のことか見当がつきますか?ご飯をとってきます、と仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち普段から使用されているようです。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、現在までその習慣が微かに残っていて便利に多用されているようです。看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望ワケです。
どういうワケでその勤務先を希望しているのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはたやすくはありません。立とえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか採用条件で選んだと見られるよりは、看護職の能力をさらに深めたい等、トラバーユのワケに発展的な要素を持たせたものが受かりやすいものです。
一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーし立ときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。
面接者の評価が良くなければ、どれほど看護専門職は市場で価値が高いとはいえ落とされることもあるでしょう。雇用契約の内容が他よりよければもちろんのこと志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。
クリーンな印象のファッションで、元気にレスポンスすることを心がけて頂戴。看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。
あれは晴れてナースになるというという式の際にかぶせられるものだと言います。
ナースにとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味をもつものなのではないでしょうか。しかし、昨今では、NURSEの制服の形というのも次第に変化していますから、帽子がもつ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。
特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのは悲しい気もしますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。
看護師という仕事に就いている方の中では、毎日の勤務時間がばらばらであり、労働環境の大変さによってナース以外の職業への転職を考える人もよくいると言いますが、案外、看護師資格はその他の仕事でも有益であるケースが多いのです。いくつか例を挙げるならば、人体や病気についての過去の経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)や知識を役立てることができるので、立とえ未経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。