歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば結構の痛さを想像してしまうでしょう。インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。切り開くあごを真ん中に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
この頃よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使いつづけられます。現状では、歯科医治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
歯科医治療は結構の技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどのりゆうで、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。このような危険を可能な限り避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにして下さい。インプラント両方の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。歯科医施術が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害するはたらきをします。
この治療が可能な限り早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から両方完了まではつらくても禁煙するのが正解です。
言うまでもなく、歯科医にすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあるでしょう。残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
インプラントについて、ほとんどの歯医者には施術困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯医者を捜すことも考えるべきです。
北欧諸国は歯科医先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯医者が集まっています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めるのが成就への第一歩です。
安易にインプラント治療を始めることはお薦めしません。インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる両方なのです。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。